業務内容

給排水衛生設備工事

一般的な建物において人が生活する上で必要なインフラの一つです。
主に、給水、給湯、排水、衛生器具の工事に分かれます。
それぞれ各配管を設計図通りに施工し、室内内装工事が終了した後に便器や
手洗器等の衛生器具を取り付け、正常に機能するように調整まで行います。
新築工事と、老朽化した建物を更新する改修工事があります。

空調設備工事

冷暖房設備と換気設備に大別されます。
冷暖房工事では主に冷水と温水を熱源とする冷暖房工事を行います。
換気設備は、室内の空気を常に清浄にするためであったり、実験等で有害な汚染空気を外部に
漏らさないように、人体の安全を維持する為の換気設備です。

消火設備工事

主に水を使った消火設備を施工します。
火災時、一般人が消火活動できるように整備される屋内消火栓、屋外消火栓工事。
消防隊が専用に使用する連結送水消火設備工事。
無人であっても、自動警戒設備の発泡により作動するスプリンクラー設備工事。
また、それらに付随するポンプ設備等全般を施工します。

溶接配管工事

高圧が掛かる配管や、特殊な用途の配管には溶接による接合が必要となります。
一般的なアーク溶接や、高品質な仕上がりが可能なTIG溶接を自社工事にて行います。

外構工事

土の中に埋め込む配管を、機器により掘削し施工します。
給排水や消火設備等、様々な配管を埋設施工します。

給水直結化工事

受水槽によりポンプからの圧力で建物へ送水している建物を、水道本管より直結で送水する様に変更する工事です。
メンテナンス費用の節約や、衛生面の不安が大幅に減少します。
設計から施工まで全て行います。